出荷者の皆様へ

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う生産者等支援販売促進事業の実施について(お知らせ)

 

 日頃より、県森連の木材販売事業について御理解と御協力いただき、厚くお礼申し上げます。

 さて、新型コロナウイルス感染症の拡大により、全国的に木材価格が下落するなど、森林・林材業に関わる事業者へも様々な影響が生じています。こうした状況を踏まえ、農林中央金庫では、原木出荷量の維持・拡大を図る取り組みを支援するため、販売促進費用を助成する事業を立ち上げました。

 本県では、当会を通じた取引がこの事業の対象であり、具体的な内容は次のとおりです。

 

・助成対象の取引    当会を通じて生じた取引に係る原木

(自社消費や直接取引は対象外)

・取引の対象期間    令和3年1月から3月11日(市日)まで

・助成金額       1立米あたり750円

・助成の上限      数量:6,667㎥、金額:5,000千円

・助成金支払予定時期  平成3年4月末を予定

 

出荷者の皆様におかれましては、この事業を有効に御活用いただき、出荷促進に取り組まれるようお願い申し上げます。

【PDF】新型コロナウイルス感染症拡大に伴う生産者等支援販売促進事業の実施について(お知らせ)